• メール
  • 電話

会社設立

福岡で会社の設立をするなら金山・吉野国際司法書士事務所へ。

会社設立の流れ

株式会社を設立する場合、発起設立(発起人が株式の全部を引き受ける方法)による方法と募集設立(発起人が株式の一部を引き受け、その他に株式引受人を募集する方法)による方法とがありますが、実務上、株式会社の設立はほとんどの場合発起設立の方法によりますので、ここでは発起設立の場合の流れを説明します。

1.御相談

会社形態、商号、本店、目的、発起人、出資額、代表者、役員構成、機関設計、決算期等、会社の基本事項について打合せをします。その際、例えば機関設計や資本金の額はいくらにすればよいか等の他、銀行融資・取引会社と事業目的の関係等について、司法書士から適宜のアドバイスをします。

2.法務局にて類似商号の調査

同一商号同一本店に該当しない限り設立登記は可能ですが、同一商号でなくても類似した商号を既に登記している会社があれば、損害賠償請求等を受けるリスクがありますので、当事務所が法務局にて類似の商号が既に登記されていないかどうかを調査します。

3.会社印の作成

商号を決定したら、法務局に届け出る会社印(会社実印)を作成します。御自身で手配しても問題ありませんが、特にこだわりがなければ、当事務所が印鑑専門店に手配することも可能です。

4.設立登記確認事項・必要書類の御案内

打合せで確定した事項等を、最終確認のため書面にして御案内します。同時に、御自身で御用意して頂く書類等(印鑑証明書の取得、御実印の御用意等)についても御案内します。

5.登記に必要な書類の作成

打合せで確定した事項等に基づき、定款の他、定款認証委任状、発起人決定書、就任承諾書、払込証明書等を作成します。

6.書類への押印

当事務所作成の書類の内容を御確認頂いた上で、必要箇所に押印を頂きます。

7.公証役場にて定款の認証

株式会社の場合は、原始定款(最初に作成した定款)につき公証人の認証が必要となります。なお、当事務所では電子定款として作成しますので、定款に貼付する印紙代4万円は不要となります。書面により定款を作成すればこの印紙4万円が必要となりますので、電子定款を選択すれば、設立コストの削減となります。

8.資本金の払い込み

発起人に、出資額の払い込みをして頂きます。払い込みが完了したら、通帳の一部についてコピーが必要となります。

9.登記申請

管轄法務局に設立登記を申請します。この登記申請をした日が会社の誕生日(会社成立の年月日として登記されます)となります。

10.登記完了

法務局が繁忙期か否かにもよりますが、概ね1週間前後で登記が完了します。

11.完了書類の受け渡し

設立登記に添付した定款、発起人決定書、就任承諾書等の他、登記事項証明書等(銀行口座開設・官公署提出用)をファイルにまとめてお渡しします。

渉外案件について

当事務所では、発起人や役員が外国人、外国法人である場合等の渉外案件(国際案件)にも対応しており、複数の渉外案件を手掛けてきた実績がございます。

単純に発起人や役員が外国人である場合の他、外国会社の100%子会社の設立、外国会社の営業所設置等々、様々な渉外案件に対応しております。

また、これらに伴い必要となる外国為替及び外国貿易法(外為法)の報告についても、当事務所の司法書士が代理しますので、渉外案件についても、安心して当事務所の司法書士にお任せ下さい。

顧問契約の御提案

会社設立後の各種変更登記、株主総会指導、債権回収(簡易裁判所管轄においては訴訟代理、地方裁判所管轄においては裁判書類作成)等々、様々な局面において会社様のニーズに合った顧問プランを御用意しております。

顧問プランの内容に合わせて最大限のサポートをさせて頂きますので、ぜひ一度御検討下さい。

(※会社設立に際して、当事務所と顧問契約を締結して頂くことは必須ではありません)。

顧問契約について、詳しくはこちら

ページトップ