• メール
  • 電話

任意整理

福岡で任意整理についてのご相談なら金山・吉野国際司法書士事務所へ。

任意整理とは

任意整理とは

「任意整理」とは、裁判所などの公的機関を利用せずに、司法書士や弁護士が代理人となって、法律に基づき、各債権者(金融業者)と和解交渉をして、利息制限法に基づき再計算し直し、

  • 過払金充当減額(払い過ぎた利息を元金に充当し残金を減額)
  • 債務不存在確認(払い過ぎた利息を換算すると既に債務が無い)
  • 過払い金返還請求(払い過ぎた利息を全額返してもらう)

等の法的手段を用いて負担を軽減させ、正当な残債が存在する場合は、無利息にて少額の長期返済を、若しくは更なる大幅な残金の減額を考慮する短期返済等の、無理のない返済を目的とした合意和解による債務の整理をいいます。実は、借金問題解決のうち、多くがこの任意整理による問題解決です。

しかし、任意整理でうまく問題を解決するためには、条件があります。

当然のことですが、自分の収入の範囲で無理のない返済計画が立案できるかという点と業者がその内容の和解に応じてくれるかどうかです。

無理な内容で和解しても、以前よりはましになったが、それでもまだ借金の返済でギリギリの生活だ、というのでは意味が全くありません。経験のある司法書士や弁護士にしっかりと相談しましょう。

司法書士や弁護士が交渉することで、貸金業者は長らくあなたを悩ませてきた取立てを止めなければならなくなります。

また、これまであなたと行ってきた取引履歴を必ず開示しなければならなくなります。

法律家が交渉することで、ご本人で作業を進めるよりは、借金の減額に応じてもらえることが多くなります。

ちなみに、借入期間が長ければ長い程、借金がすでに無くなっていたり、逆に払い過ぎている場合も出てきます。

このような過払い金は取り戻せる可能性があります。 一度ご相談いただき、あなたの今の借金の状態を調べてみてください。

任意整理と特定調停との違い

「特定調停」は裁判所が関与する債務整理の方法です。一方、任意整理は代理人(司法書士・弁護士)が主導する債務整理の方法です。

特定調停は平成12年2月から施行された新しい債務整理の方法です。

“支払不能にまで至っていないが、このままだと行き詰まる可能性が高い”といった状況を救うために、簡易裁判所を利用して負債を圧縮する手続きです。

特定調停も任意整理も話し合いによる解決という点では共通です。当事者同士で合意に至らなければ、解決には至りません。

異なる点は、特定調停の場合、あなたに過払い金返還請求権があることが分かっても、裁判所は回収してくれません。別途、ご自分で請求されるか、司法書士や弁護士に頼まなければなりません。

特定調停か任意整理のどちらを選択したほうがよいかについては、負債の圧縮の交渉や過払い金返還を考慮すると、任意整理のほうがいいと考えられます。

任意整理をお考えなら今すぐご相談ください。

ページトップ