• メール
  • 電話

調停離婚

調停離婚についてのページです。

調停離婚

協議離婚で離婚が成立しない場合(夫婦での話し合いで離婚の合意が取れなかった場合)家庭裁判所に離婚調停の申立てを行うこととなります。

裁判所と言っても裁判を行う訳ではなく、裁判官立会いの下、調停委員によって夫婦間の意見を話し合い、互いに離婚の合意を得ることを目的としています。

こちらも協議離婚と同様に最終的に夫婦の合意がなければ離婚は成立しません。

調停離婚で離婚が成立しない場合審判離婚裁判離婚になります。

また、離婚の場合は、原則的にいきなり裁判で離婚を請求することはできませんので、裁判の前に必ず調停を行わなければなりません。これを調停前置主義といいます。

例外としては相手が行方不明の場合、相手が心神喪失状態(正常な意識を有していない精神的疾患の状態)の場合は、調停のしようがありませんので、初めから裁判を起こすことができます。

ページトップ