• メール
  • 電話

審判離婚

審判離婚についてのページです。

審判離婚

調停離婚が成立せず、繰り返し調停を行ってもお互いの合意が得られない場合、家庭裁判所は調停委員の意見を聴いて、職権で離婚の処分をすることができます。

つまり裁判官の審判で離婚を成立させる事ができるのです。この審判に対し、2週間以内に当事者から異議がない場合には、審判は確定判決と同一の効力を与えられます。

しかし、当事者の異議にはなんらの理由も必要とせず、しかも、異議が申し立てられれば審判は当然に効力を失うため、審判離婚の利用率はきわめて少ないのが現状です。

なお、審判離婚は、夫婦双方に離婚をする気はあるが、財産分与の額や子の親権者の決定をめぐって一致がみられないため離婚調停が成立しないような場合に、その効用を発揮します

審判離婚でも離婚が成立しない場合裁判離婚になります。

ページトップ