• メール
  • 電話

離婚後の戸籍・氏(姓)

離婚後の戸籍と姓についてのページです。

離婚後の戸籍・氏(姓)

離婚により婚姻関係が解消されると、婚姻により姓を改めた方の配偶者は、その戸籍から出ることになります。

離婚後の戸籍と姓の選択肢には、次の3つがあります

  • 1.婚姻前の旧姓に戻り、婚姻前に属していた親の戸籍に戻る。
  • 2.婚姻前の旧姓に戻り、新しく自分を筆頭者とする戸籍を作る。
  • 3.婚姻時の姓を継続して称し、新しく自分を筆頭者とする戸籍を作る。

但し、既に両親が死亡している場合には、1の方法は取ることができないため、自分を筆頭者とする戸籍を作ることになります。

また、離婚後に子供の親権者となり自分の戸籍に入れたい場合には、自分を筆頭者とする戸籍を作っておく必要があります。 離婚届の用紙には、婚姻前の戸籍に戻るのか、新しい戸籍を作るのかについて記入欄がありますので、婚姻により姓を改めた方の配偶者は、離婚に際し、あらかじめ離婚後の戸籍・姓をどうするかについて考えておかなければなりません。

なお、上記3の方法を選択する場合、「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出する必要があります。

ページトップ