• メール
  • 電話

法定相続と相続人

金山・吉野国際司法書士事務所が相続人確定手続きを代行いたします。

法定相続と相続人

相続が発生し、被相続人が遺言書を作っていなかった場合、あるいは遺言が法律的に有効でない場合、民法の規定により定められた相続人へ、定められた分が相続されます。民法に規定された相続人の順序と相続分の割合は、以下のように決まっています。

法定相続人の順位と相続分の割合

順位 法定相続人 割合
1 子と配偶者 子=1/2 配偶者=1/2
2 直系尊属と配偶者 直系尊属=1/3 配偶者=2/3
3 兄弟姉妹と配偶者 兄弟姉妹=1/4 配偶者=3/4

※配偶者は常に相続人となります。

※直系尊属(父母・祖父母など。)は、子がいない場合に相続人となります。

※兄弟姉妹は、子と直系尊属(父母・祖父母など。)がいない場合に相続人となります。

相続人を確定する方法は?

『誰が相続するのか』という問題が大変なイメージがあるのは、実はルールが定まっていないのではなく、その作業に原因があります。相続人は大きな財産を手にすることもありますので、今まで見たこともないような相続人が突然現れたり、本来ない権利を主張する人がいることも少なくありません正しい手順は、

(1)亡くなった方の「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」等を、出生時から死亡時のものまで全て取得します。

(2)通常、この段階で両親と子、配偶者が確認できます。

(3)子(代襲者を含む)がいない場合は、両親を始めとする直系尊属が相続人になりますので、必要に応じて戸籍・除籍等を取得します。

(4)直系尊属が全員亡くなっている場合は、兄弟の戸籍・除籍等も取り寄せて調査します。よくあるのは、相続人の人数が当初の想定より遥かに多かったり、聞いたこともない名前が出てくる(被相続人が認知していた子がいたり、兄弟姉妹が相続人となる場合に、その兄弟姉妹も既に亡くなっている)といったケースです。

この相続人確認の調査が正確でなかった場合、後から本来の相続人が出て来て、相続権の回復を請求され、全てやり直しになる可能性があるのです。こじれると訴訟に繋がることも考えられます。相続人は全国各地に散らばっていることも少なくなく、なかには海外にいらっしゃることも考えられます。

相続が発生した直後に、戸籍を集める作業も、かなりの負担です。
金山・吉野国際司法書士事務所では、この相続人確定手続きを代行いたします。

ページトップ