• メール
  • 電話

相続登記

相続登記は非常に時間と手間が掛かる登記手続きです。当事務所は、相続登記手続きにおいて全力でサポート致します。

親が亡くなったので不動産の名義変更手続きをして欲しい

不動産の名義「亡くなった方の名義」ではないですか?

皆様が現在お住まいになられている家又は実家の名義は誰の名義になっていますか。お亡くなりになられた祖父母又は親名義のままになっていませんか。

名義変更の手続き(相続登記)に費やす時間がない、面倒だ、途中まではやったが・・・人それぞれ理由があるとは思いますが、結局、手続きをしていない方も数多くいらっしゃると思います。

話は変わりますが、不動産の所有者(名義人)がお亡くなりになられた場合、不動産の名義を変更しなければならない(相続登記をしなければならない)という法律は存在するのでしょうか。

答えは「ノー」であり、そのような法律は存在しません。

しかしながら、不動産の名義がお亡くなりになられた方の名義のままになっているのであれば、速やかに相続登記をすることをお勧めします。

理由としては、不動産の所有者が亡くなったにもかかわらず相続登記をせずに放置していると、後々、次のような不都合が生じる可能性があるからです。

  • 1.不動産の名義人が死亡した後、更にその相続人の誰かが死亡した場合、相続人の数が増えることによって、相続人間での話し合いがまとまらず、その結果、相続登記が困難となるケースがある。
  • 2.いざ売却して相続人間でお金を分けようと思っても、相続登記手続きを行わないと買主への所有権移転登記ができないため、売却までに時間が掛かるケースがある。
  • 3.不動産を担保に銀行等の金融機関から融資を受けようとしても、相続登記手続きを行わないと抵当権等の担保設定登記ができないため、実際に融資がおりるまでに時間が掛かるケースがある。

相続人調査(戸籍の収集)から登記申請代理まで、面倒なこともすべて当事務所にお任せください。

相続登記は非常に時間と手間がかかる

相続登記手続きを行う際、まず最初の「難関」は戸籍の収集作業です。

戸籍は、お亡くなりになられた不動産の所有者様の「出生~死亡まで」を漏れなく収集する必要があり、所有者様が過去に本籍を置いていた全ての各市区町村役場に対して請求する必要があります。実際に、依頼者様ご自身で収集されようとする方もいらっしゃいますが、これは、戸籍の内容を読みとれる方でありかつ各市区町村役場に頻繁に通える方でなければ事実上難しいといえます。

さらに、相続登記に必要な戸籍をはじめとする関係書類を収集した後であっても、相続人が複数存在し、その相続人のうちの1名の名義とする場合は、一般的に遺産分割協議書の作成をし、相続人全員が署名(記名)捺印しなければなりません。

このように、相続登記は非常に時間と手間が掛かる登記手続きであるといえますが、当事務所は、相続登記手続きにおいて全力で皆様をサポート致します。

相続の登記フルサポートサービス

  • 相続登記に必要な費用・諸経費の作成(見積書の作成)
  • 相続人調査(戸籍の収集)や相続登記に必要な他の書類の代理取得
  • 遺産分割協議書の作成
  • 相続関係説明図の作成
  • 登記申請代理
  • 弁護士・税理士等の他の士業と連携した一括サポート(相続税等)
  • 相続登記後、売却を検討されている方への不動産会社の紹介や売却金額等のご相談
  • 相続登記に関して気をつけることやその他心配事に対する総合アドバイス

相続登記は当事務所にお任せください。

ページトップ