• メール
  • 電話

(根)抵当権抹消の登記

(根)抵当権抹消の登記なら金山・吉野国際司法書士事務所へ。

ローンを完済したので担保を抹消したい

ローンを完済しても自動的に抵当権(根抵当権)等の担保が抹消されるわけではありません。

皆様の中には、ローンを完済したから担保が消えた、と一安心されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、ローンを完済し終えれば銀行等の金融機関から債務返済の請求をされることはありません。

しかしながら、ローン完済と抵当権(又は根抵当権)の抹消登記は連動しているわけではありませんので、ローン完済後に金融機関から(根)抵当権抹消登記に必要な書類を受け取った後、実際にご自身で法務局へ登記手続きをしなければ、登記事項証明書(登記簿)から(根)抵当権が抹消されることはありません。

この(根)抵当権抹消登記手続きは、法務局から登記事項証明書を取得し、登記申請書の作成、金融機関から受け取った抹消書類に対して必要事項を記載をした後に法務局へ登記申請手続きをしなければならず、かなり面倒な手続きとなっています。

さらに、不動産の登記名義人の現住所が、登記事項証明書上の住所と異なっている場合には、(根)抵当権抹消の前提として所有権登記名義人住所変更登記をしなければなりません。

ローンを完済したにも関わらず、(根)抵当権抹消登記をしないで放置していると後々、次のような不都合が生じる可能性がございます。

  • 1.金融機関が交付する(根)抵当権抹消書類の中には有効期限があるものがあり、いざ抹消登記申請をしようとしても実際には抹消登記ができず、金融機関に抹消書類の再交付の請求をしなければならないケースがある。
  • 2.上記(1)等の理由により、抹消登記に時間が掛かる場合には、不動産の売却や新たに不動産を担保に融資を受けようとする際に時間が掛かってしまうケースがある。
  • 3.個人から借り入れをし個人名義の抵当権を設定しているケースでその貸主((根)抵当権者)が死亡した場合には、貸主の相続人全員から抹消登記に必要な書類を請求しなければならないこととなる。

当事務所が行った業務の中には、「明治時代」の抵当権が存在するので売却ができないと言われて困っている・・等の相談が数多く寄せられ、実際に解決をし多くの方にお喜びの声を頂いております。

当事務所は、(根)抵当権抹消登記手続きにおいて全力で皆様をサポート致します。

(根)抵当権抹消登記のフルサポートサービス

  • (根)抵当権抹消登記に費用・諸経費の作成(見積書の作成)
  • (根)抵当権抹消登記に必要な書類の代理取得
  • 金融機関との打合せ
  • 登記申請代理
  • (根)抵当権抹消登記の前提として住所変更登記が必要な場合は、住所変更登記に必要な書類の代理取得及び住所変更登記申請代理

(根)抵当権抹消登記は当事務所にお任せください。

ページトップ