• メール
  • 電話

公正証書遺言

公正証書遺言についてのページです。

公正証書遺言

公正証書遺言は、遺言者が公証人に伝えた遺言内容を、公証人が公正証書として作成する遺言です。もっとも、証拠力が高く、確実な遺言方法といえます。

長所

  • 公文書なので、証拠力が高い
  • 原本を公証人が保管するので、紛失・ 改変のおそれがない
  • 家庭裁判所の検認が不要である
  • 字を書けない人でも遺言を残すことができる

短所

  • 作成手続きに手間がかかり、公証人の手数料等費用がかかる
  • 遺言の存在と内容について秘密保持が難しい
  • 証人の立会いを要する

作成要件

(1)証人二人以上の立会いがあること。

証人の欠格事由

1.未成年者、2.推定相続人、受遺者及びその配偶者並びに直系血族、3.公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人は証人になれません。

なお、証人は知り合い等になってもらう他に、弁護士、司法書士等の専門家に依頼することも可能です。

(2)遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。

(3)公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。

(4)遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその理由を付記して、署名に代えることができる。

遺言者の印鑑は、実印である必要があります。印鑑証明書が必要です。証人については、実印でなくても構いませんので、印鑑証明書は必要ありません。ただし、証人欠格者かどうかを確認するために、住民票の写し等が必要になることがあります。

(5)公証人が、その証書は(1)から(4)までの方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

ページトップ