• メール
  • 電話

隔絶地遺言

隔絶地遺言についてのページです。

隔絶地遺言

隔絶地遺言とは、遺言者が一般社会との交通が断たれた場所にいるため、普通方式による遺言ができない場合に認められる方式です。伝染病隔離者遺言在船者遺言があります。

伝染病隔離者遺言

一般隔絶地遺言とも言われます。法文上は伝染病となっていますが、伝染病による場合だけでなく、広く行政処分で交通を断たれた場所にいる場合に認められた遺言方式です。

作成要件

(1)警察官1人及び証人1人以上の立会いがあること。

(2)遺言書は遺言者が作成する。

(3)遺言者、筆者、警察官及び証人が署名し、印を押す。なお、家庭裁判所の確認は不要です。

伝染病隔離者遺言の失効

遺言者が普通方式によって遺言をすることができるようになった時から6ヶ月間生存するときは、無効となります。

在船者遺言

船舶隔絶地遺言とも言われます。この遺言は、船舶中に在って一般の人と連絡がとれない場合に認められる遺言方式です。

作成要件

(1)船長又は事務員1人及び証人2人以上の立会いがあること。

(2)遺言書は遺言者が作成する。

(3)遺言者、筆者、立会人及び証人が署名し、印を押す。なお、家庭裁判所の確認は不要です。

在船者遺言の失効

遺言者が普通方式によって遺言をすることができるようになった時から6ヶ月間生存するときは、無効となります。

ページトップ