• メール
  • 電話

役員変更登記における添付書類の改正について

     - 商業登記

 

Q:当社は取締役会を設置している株式会社ですが、今般代表取締役が辞任したため、
新たに取締役を選任しました。役員の就任登記や代表取締役の辞任登記の際に必要な
添付書類が一部変更になったと聞いたのですが具体的にどのように変わったのですか?

 

A:平成27年2月27日から、商業登記規則の一部が改正されました。
改正内容は次のとおりです。

今回の改正は、虚無人名義の登記の防止及び、本人の辞任意思等の確認のための添付書類が
追加されたことが主な内容となっています。詳細についてはお気軽に当事務所にお尋ねください。

1.役員(取締役、監査役等)の就任(再任を除く)登記の際に、本人確認証明書の添付が必要になります。
2.登記所に法人代表印を届け出ている代表取締役が辞任する場合は、辞任届に当該代表印を押印するか、
実印を押印し、印鑑証明書の添付が必要となります。
3.役員(取締役,監査役,執行役,会計参与又は会計監査人をいいます。)の就任等の登記を申請する際に、
当該役員が結婚して苗字を変更していた場合、旧姓を登記記録に記録することができます。

弊所では役員変更登記に関するご相談も承っております。
初回相談料無料となっておりますので、下記リンク先のフォームより、
まずはお気軽にご連絡下さい。

無料相談に関するご案内

タグ

 -

ページトップ