LSふくおか20周年記念シンポジウム

     - 成年後見

 

こんにちは、司法書士の上妻です。

先日リーガルサポートふくおか20周年記念シンポジウムに参加いたしましたので、
そのご報告をしたいと思います。

リーガルサポートとは、前回の記事でもお話いたしましたとおり、
司法書士で組織された公益社団法人です。
会員の後見事務の監督や成年後見に関する相談会やシンポジウムの開催、
行政や医療・福祉の方々との支援活動等のほか、
成年後見制度に関する幅広い研究活動を行っています

20周年を迎えるにあたり記念シンポジウムが行われ、司法書士のみならず、
福祉関係の方や弁護士・社会福祉士の方も参加する大規模なものとなりました。
数百人規模のシンポジウムとなり、私も規模の大きさに驚きつつ参加させていただきました。

講演内容は、厚生労働省の方による成年後見制度利用促進法の取り組みについてのお話や、
後見に係る異なる職種の方同士でのパネルディスカッションなど、
後見制度に関する様々な話題が取り上げられました。

リーガルサポートに所属する司法書士は必ず年に一定単位以上の研修を受ける必要があり、
司法書士同士でディスカッションをしたり、講義を受けることは多々あります。
しかし、異なる職種の方同士でパネルディスカッションを行ったり、
厚生労働省の方からお話を聞く機会は滅多にないので、非常に良い機会となりました。

パネルディスカッションにおいては、司法書士をはじめ、弁護士や社会福祉士、福祉関係の方が、
後見制度におけるそれぞれの問題点について言及しており、
それぞれの職種における問題点の違いや、対応の仕方等を話されていました。
後見制度を利用する方に対して、いかに周囲の支援が必要か、
それも様々な分野の人々による支援があってはじめて後見制度を利用する方の意思決定の尊重や
ノーマライゼーションが図られていくものだと痛感いたしました。

これからも様々な研修や講演などを通して、
幅広い視点で後見制度について考えていく必要があると思いました。

タグ

 -